読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本語教師、プログラマーになる。

韓国に嫁いで日本語を教えていましたが、なんやかんやでiOSアプリ作ってます。

Kindle Unlimited 課金してみた!980円元とれたかな!?

読書

男もすなる課金なるものを、ドキドキしながらやってみたらばんじんです!

 

前回、最初の30日間無料体験で読んだ本をまとめました。

lavandin.hateblo.jp

 

あの後、結局継続することにして、断腸の思いで大事な大事な980円をお支払いしました。

今回も二番煎じでまとめたいと思います。

 

さて、始める前に課金した理由を書いておきます。

 

ズバリ、

図書館に通う交通費を考えたら安いから。

です!

 

いやしかし、韓国の交通費は安い(1時間くらい乗っても200円いかない)のでそこまで気にすることでもないし、そもそも私は定期券で通勤しているので、そんなお得になるわけでもないんですけれども…。

 

日本で図書館に通っていたときは、往復でバス代500円くらい払ってましたし、それを月2回って考えたら、すでに980円を超えちゃう。

 

読みかけの本が残ってるのにやめるのも嫌だっていうのもありましたけど、一番の理由はそれかな〜と思いますね。

 

というわけで本題です。今回は小説から行こう。

 

小説

星を継ぐもの (創元SF文庫)

星を継ぐもの (創元SF文庫)

 

 

前回からの読みかけ。残念ながら現在は対象外に。

SF小説には(大好きな声優の池澤春菜さんの影響で)以前から興味があったんですけど、本格的に読破したのはこれが初めてです。いやー面白かった!

ストーリーにドラマ性がないと言われているけど、なかなかどうして。ドラマチックじゃないですか〜!お気に入りのキャラは堅物のダンチェッカーかなぁ。ちょっと人間的成長が垣間見えて、嬉しかったです(というか、それ以外のキャラクターをあんまり覚えてない…)

SF小説にありがちだという「あれっ、ホントにあり得るかも…」って思ってしまう感覚というのをじっくり堪能することができました。なんだか懐かしい気持ちがしたんですけど、これ、正体あれだわ。

大長編(劇場版)ドラえもんだわ。

ほら、スモーカーズ・フォレストとか、バミューダトライアングルとか、「へぇ〜そうなんだ」って信じちゃったりしたじゃないですか!?

SFの醍醐味ってあれだったんだなぁ。これは、他の名作と呼ばれる小説もぜひ読んでみたくなりました。

675円

 

罪と罰 1 (光文社古典新訳文庫)

罪と罰 1 (光文社古典新訳文庫)

 

 もともとは青空文庫で途中まで読んで止まったままのカラマーゾフの兄弟を読もうと思ってたんだけど、おっぱが横から「絶対こっちの方がいい!!」というので読んでみることに。

その後、肝心のおっぱは途中までしか読んでないことが判明。えーっ!なんじゃそりゃ。でも私も、なんかよくわからん聖書マニアのヨッパライが出てきてぐだぐだ喋っているし、脱落しかけたところで先に漫画版(後述)を読破。ストーリーが頭に入っているのでスラスラ読め、1巻を全部読んだところで、なんと…

lavandin.hateblo.jp

konozamaだよ!!!!!!

415円

 

映画化もされたわりと有名な作品。

以前、「魔王」はおっぱのおすすめで読んだ事があったのですが、これが面白くて期待大!

ただ…カッコつけたジョークが鼻について正直退屈でした。登場人物も紅一点の雪子以外、さっぱり見分けがつかなくて「誰が誰だっけ?」状態に。

でも進むにつれてだんだん面白くなってきて、結構楽しめました!

 594円

 

技術書

SCRUM BOOT CAMP THE BOOK

SCRUM BOOT CAMP THE BOOK

 

 もうね、無理はしないで、1ヶ月に一冊技術書読めればいいやって思うことにしたんだ…。

技術書っていうかアジャイル開発の入門書ですけど、登場人物がかわいらしくて読みやすい。最後はちょっと感動。ま〜実際に役にたつ日がくるかどうかはわからないけど、実は今会社で導入しようかなっていう話になっているんですよね。偶然ですけど、読んでよかったです!

2333円

 

料理レシピ本

薬膳 粥はじめ: ? ココロとカラダに幸せごはん ?

薬膳 粥はじめ: ? ココロとカラダに幸せごはん ?

 

レビューがよかったのと、お粥好きなので読んでみた。(韓国も中華粥と同様、かなりお粥が人気な国です)

薬効効果なんかはよくわからんけど、割と前衛的なお粥なんかもあって結構面白かった。どうも料理教室の先生が出版したKDPみたいだけれど、撮影なんかもきちんとプロにお願いしてあるようだし、 読みやすい本。

370円 

 

作りおき生活を始めたいので、参考にと読んでみた本!こういうレシピ本は、白黒だよ見づらいので、Kindleではなくてクラウドリーダーなどで読むのがわかりやすくて良いですね。

 238円

漫画

おきらく忍伝ハンゾーR 参
 

 これね、先月に弐まで読んで、放置してたんですけど、この参と肆は面白いですっ!!

キャラもいきいきしてるし、完全に全盛期の勘を取り戻したというか、むしろパワーアップしてるんじゃないかと…。ヒデリちゃんのお母さんがいい味出してます。

次回予告は「もし伍があれば」ってことでしたが…。気長に待とうと思います。

432円*2巻

 

 ものすごいタイトルですが、なんとあの「裁判長!〜」シリーズのコミカライズを担当していた漫画家さんの弟さんが、なんと本当に逮捕されて裁判になってしまったという嘘のような本当の話です。うわぁ…。

ちょうどドラマ化が決まった後すぐくらいの話だったようで、「ドラマ化は大丈夫なんでしょうか」というシーンもあってすっごい生々しい…。兄弟は最初の他人と言いますしね…。

お母さんは「あんないい子が、何かの間違いです」というのに対し、お兄さんである漫画家さんは「ついにやったか」というのが面白い。このマンガが発表されたあと、この漫画家さんはお母さんに無視されているみたいなんですが…。大丈夫なんでしょうか…。

540円

 

春の呪い: 1 (ZERO-SUMコミックス)

春の呪い: 1 (ZERO-SUMコミックス)

 

 方々で話題になっていて、前から気になっていた漫画を消化!

なんといってもヒロインのぐるぐる目が気になる。この二人には幸せになってほしいけど、どうなることやら。

432円

  

春風のスネグラチカ

春風のスネグラチカ

 

 ブラッドハーレーの馬車が気になったけど、レビューをみたらグロい!かわいそう!トラウマ!の大合唱だったので、ビビって表紙が素敵なこちらを選択。「無限の住人」で有名な漫画家さんですが、読んだ事なかったし。ブラッドハーレーの方もそうですが、表紙の構図が凝ってますね。

ロシアっぽいもの好きだし〜。

と軽い気持ちで読み始めたら、なんと大収穫、めっちゃくちゃ面白かったです!ウラー!!

著者はもともとあまりロシアに興味がなかったと言ってますが、劇中で時間がたつと呼び方がさらっと愛称に変わっていて仲良くなった事が読み取れたりとか、細かいとこ気をつけてるな…って嬉しくなりました(って私もロシア語万年初心者で全然詳しくありませんが)。ロシアンな空気が満喫できます。

レビューで性描写が気になると言っている人もいましたが、私には自然に感じられたかな。ビエールカにとって、初めて人間扱いしてくれたのがあの人だったのかもしれないな、と。

540円

 

ブラッドハーレーの馬車

ブラッドハーレーの馬車

 

というわけで、 スネグラチカが面白かったので恐る恐るこちらにも挑戦!

なんですが、覚悟して臨んだ割には大した事なく、拍子抜け。もちろん、かわいそうではあるんですけど、私は結構エログロ耐性強いので…。それに、肝心のストーリーも薄味です。

そんな私が珍しくダメだったのは、「今、そこにいる僕」というアニメですね。大地丙太郎監督が好きなので、コメディが得意な監督の異色作ということでトラウマ展開は覚悟で見始めたのですが、これはほんとにかわいそうでかわいそうで見てられませんでした。海外では高評価な作品ですが、二度と見る事はないと思います。

脱線しました。読んでショックを受けたという方が大勢いらっしゃるので、閲覧注意です。

270円

 

限界集落(ギリギリ)温泉第三巻

限界集落(ギリギリ)温泉第三巻

 

先月からの継続で、3巻から。いやぁ〜〜〜〜面白かった。さすが、電子書籍の第一人者。ドタバタとテンポよく怒涛のクライマックスを迎え、祭りの後の寂しさも醸し出しつつ、しっとりとしたエンド。これにはちょっと涙ぐんでしまいました。

なのですが、実はこれ打ち切りで、最後の展開は不本意なものだったようです。ええーっ!!

ダラダラと長引かせるよりも、よかったと思いますよ!

3巻、4巻ともに499円

 

アジアを喰う

アジアを喰う

 

 というわけで、ここから鈴木みそのターンです。実は、私が韓国へやってきたのは、みそさんの漫画「おとなのしくみ」の「韓国のしくみ」を読んだから。

そんなわけで、この漫画も気になっていたんです。やっと読めてラッキー!タイの人たちってちょっとはにかみやさんな美女ってイメージしかなかったんで(※ボランティアで教えてたタイ人奥様が美人だったの)、列車でのエピソードは衝撃。韓国のアジュンマよりひどい!w

499円

 

僕と日本が震えた日

僕と日本が震えた日

 

 これもそのうち読もうとは思ってたんだけど、ちょうど韓国で地震が起こってびっくりしたのでいい機会かと思って。

震災のときすでに韓国にいた私にとって、東日本大震災は半分「ソト」の出来事でした。これを読んで、すこしだけ私も被災者の一員だったのかなと思えるように…なったかなぁ。

499円

 

オールナイトライブ1

オールナイトライブ1

 

 これも、確かビームで「みんなで休めば余暇に使うお金が増えて日本はどんどん豊かになる」という回を読んで衝撃を受けた覚えがある。今でいうワークシェアリングですよね。

 みそさんにはすごく影響受けてますね。なんですけど、この1、2巻はすげえお下品ですねwよい子は読んではいけません。片方あげて拭く人が多数派なのぉ!?

っていうか2巻までしか電子化されてない〜!!

399円*2巻=798円

 

 私はiOSのエンジニアなのでこれでも一応マカーのはしくれなんですけど、私にとっては仕事で仕方なく使っているものなので、まだまだアップルファンの気持ちってちょっとわからないんですよね。これもま〜結構楽しめたけど、とにかく大ボリュームなのでちょっと疲れたかな。

1028円

 

お気軽テニスマンガ「エガリテ」

お気軽テニスマンガ「エガリテ」

 

 だんだん読める漫画が少なくなってきたので、あんまり興味ないテニス漫画にまで手を出したら、あとがきで見透かされていて焦った。興味ないなりにそこそこ楽しめました。何かに熱中している人を外野から眺めるというのも、たまには悪くない。

ちなみに私のテニス歴ですが、

(1)初恋の人がテニス部だった

(2)姑がテニスやってた(過去形)

という程度のものです。(要するにゼロですね)

おとなのしくみを読んでいるときから、みそさんといえばテニス!という印象があったので、あとがきその1でテニスに飽きちゃったようなことが書かれていて、なんとなく寂しい気持ちになったりもしたのですが、電子版あとがきでは再開を匂わせるようなことが書いてあって、ちょっぴり嬉しくなりました。

299円

 

マスゴミ

マスゴミ

 

 みそさんの漫画もついに最後。ていうかね、言わせてもらいますけど、みそさんってタイトルつけるセンスないよね!?

中身はすっごい面白いのに、すごく損してると思う!

マスゴミな俺が女装したら美しすぎて特ダネまじ余裕」とかでいいと思う(よくない)

かわいい、かわいいともてはやされる主人公が、そもそもあんまりかわいくないあたりがリアル。そもそも銭のマンビもあゆぽんもナナもそんな美少女ではない。しかも性格もひねくれている。でも、実際にモテるのってそういう女の子だと思います。

というわけでずっと鈴木みそのターン!もひとまずおしまい。オールナイトライブの3巻楽しみにしてます。

 399円

 

桜戸町10秒戦争 第1話: 「檸檬(レモン)」 (がぁ書房SF)

桜戸町10秒戦争 第1話: 「檸檬(レモン)」 (がぁ書房SF)

 

 これはみそさんの作品を検索していて、一緒に出てきたんだったかな?

なんとびっくり、マンガ図書館Z(いろいろ名称変わってますけど、昔は絶版マンガ図書館とか、Jコミとか言われてたとこですね)で見つけて大好きになった「がぁさん」先生の新作ですよ〜!!

 今回も、ちょっとお色気&SFで楽しめます。現在第2話まで公開。第3話が早く読みたい!!

ちなみに、がぁさんって誰?と思ったあなたは、こちらで今すぐ「だいらんど」を読んでみてくださいっ!(マンガ図書館Zなので無料です)

www.mangaz.com

 私はこれ、たまたまマンガ図書館Zのランキングで一位になってたので、なんだろう?と思って読み始めたのが最初です。

 250円*2巻=500円

 

マンガでわかる!統合失調症

マンガでわかる!統合失調症

 

 お母さんが統合失調症という漫画家さんの、入門マンガ。

発症し通院する女の子を主人公とする創作マンガと、漫画家さんのお母さんの実際の体験を織り交ぜながら、わかりやすく解説してくれています。

発展途上国には統合失調症患者が存在しないというお話が印象的でした。きちんと治療してないとか、死んでしまうので統計に出てこない。…という話ではなく、むしろ統合失調症の症状が「神の声が聞こえる」と評価されて、巫女のような仕事をしているので、病気ととらえられていないとのこと。どちらが幸せなのか、考えさせられますね。

1200円

  

サバイバル 1巻

サバイバル 1巻

 

昔最初の方ちょっと読んだことあったけど、完全に忘れてしまっていたので1巻から読み続け、10巻+アナザーストーリーを読破。

最後は「えっここで終わり!?」という感じで終わってしまうのですが、まぁ、それも味かな…。

色々なサバイバル術が出てくるので、これで、いつ大地震がきても安心かも!?

4752円 

 

銀牙伝説ウィード 1

銀牙伝説ウィード 1

 

 以前アニメを見て熱いな〜と思ってたウィードを発見!!

猫派なんですけど、このウィードは一生懸命でかわいいです。でも、アニメに比べて白黒だし登場人物(登場犬物?)がほぼ全員犬だから見分けがつかなくて誰が誰だっけ?ってなるかも…。2巻まで読んでアンリミはやめてしまったけど、まだ始まったばかりなので機会があればまた読んでみたいです。

全50巻なのに全巻アンリミ対象なのが嬉しい!!

432円*2巻

 

というわけで、お待ちかねの総額発表です!

 

19107円!!!!

 

でした!

面白いことに、先月とあまり変わらない金額となりました。

 

前回の記事で書いたように、今月で一旦アンリミテッドはやめることにしたので、今月はすこしのんびりできそうです(?)。どうやら「ブラックジャックによろしく」の佐藤先生がAmazonを訴えるそうですので、これから裁判になるのでしょうか…。光文社古典新訳文庫の復活を願うばかりです!!

 

ちなみに、アンリミのためにいろいろ検索していて、こんなものを見つけてしまいました!

宇宙のガズゥ (KCデラックス)

宇宙のガズゥ (KCデラックス)

 

 な、なんと「サイボーグクロちゃん」の横内なおき先生が、Pixivで連載していた「宇宙のガズゥ」が書籍化されていましたっ!!!

し、し、知らなかったー!!

しかもPixivに行ってみたら、ガズゥの後にまた別の作品が連載されていました…。し、知らなかった。これを見つけられただけでも、私的には980円の価値がありました。

肝心の内容は、ちょっと映画の「ウォーリー」を思わせるSFです。しかもウッディケーンの新装版(これは紙だけ)も出るとな…!

うーむ、給料出たらまとめて買おうかな…!!

 

追記

「後述」と言っておいて、書くの忘れてるーっ!

 

 も、読みました!

このうち、カラマーゾフの兄弟罪と罰がおすすめです。

アンナ・カレーニナ嵐が丘は、えっと元々こういう話なんですかね(汗)という感じでした!!

 

アンリミ登録解除したら、アンリミで読んだ本もわからなくなってしまうので、解約する前にまとめておくべきでした><しっぱいしっぱい。